2017年02月18日

ちょっと怖い?『2』女教皇

ども!不肖COMOです

えー・・・長らく更新しておりませんでしたが、

久しぶりにタロットカードの解説いかせていただきたく思います~!


本日のピックアップカードは・・・


2 The High Priestess ~女教皇~

※女司祭長とも言われています。






中央の女性(教皇)は伝説上の人物・女教皇ヨハンナをモチーフとすると言われています。
ただ、カトリック教会では女性が司祭以上の職に就くことはできないので、カトリックの世界では現実にはあり得ないものとして扱われています。

実際のリーディングでこのカードが現れる時は、知性・冷静さ・直感(を信じていい)・知的で聡明な女性・独身(女性) などを表します。

逆位置で出ると、女性特有の嫌な部分が協調されるface30icon10意味合いになります。激情・ヒステリー・不安定・優柔不断・・・などなど・・・icon10


全体的に見ると、女性性や直感を表すなんとも神秘的なカードicon12ではないかと思いますicon12

私事ですが、このカードを初めて目にした時の第一印象は・・・
『(どうしてかわからないけど) 怖っ・・・・!!!face30face26 』でした・・・。

なんでしょうね・・・こう・・・・言い訳が通用しないような、妥協は許してもらえないような・・・icon10
厳しさと緊張感を感じたのを覚えております。ハイ。。。








  


Posted by 不肖Como at 22:15カードの知識

2016年03月10日

カードが逆位置で出たとき。

こんばんは。


久しぶりに一週間の運勢~以外の記事になります~・・・・



時々、タロットカードの逆位置の意味について聞かれるので、今日はそのことを少し書いてゆこうと思います。




カードをひいたときに逆位置(上下が逆)になって現れる時、それをどのように解釈するか・・・・








逆位置で出た場合、それは悪い意味を表すのでは?と思ってらっしゃる方も多いように感じますが、

一概にそうとは言い切れないのです。


たとえば、カードに何か質問をするときに、(例)私は試験に合格しますか? ・・・など、その質問の答えをYES OR NOでシンプルに求める場合は、正位置がYES、逆位置がNOと、いうように現れてきますが、


何枚ものカードを使用するスプレッド(展開方法)の場合は、すべてのカードをバランスよく読んでいって全体を見てリーディングしてゆくため、
単純に正位置・逆位置で良し悪し、Y/Nを表すことは難しいです。

こういった場合は、なぜこのカードは逆位置で出たきたのか? というその『意図』をたどって行く必要があります。


逆位置で出るということは、そのカードの意味(伝えたいこと)が強調される傾向にある、
自分でも気が付いていない無意識で思っていることが出て来ていて、それを知らせている、
自分のエネルギーをブロックされている・・・ETC など考えられます。



逆位置のカードが現れたら、ネガティブに考えずに、自分に何を知らせようとしていうのだろう?と、少し自問してみることをお勧めします。





ではでは、読んでいただきありがとうございました☆  


Posted by 不肖Como at 23:41Comments(0)カードの知識

2015年07月24日

7月24日の記事

金曜日の午後に♪
前回に引き続き・・・・懲りずに(笑)カードのことを書いてゆきます!


今日は小アルカナにふれてゆきたいと思います。
実際にリーディングするときは、小アルカナが加わることによって、より細かく状況や対策が見えてくるので、とても奥が深いカードだと、私自身感じております。

小アルカナは以下の4つのスート(属性)から成り立っています。



◆『ワンド(棒)』情熱と企て・野望、その先の栄光 <火>



◆『カップ(杯)』感情と愛、満たされる心 <水>



◆『ソード(剣)』知恵と試練、試練に挑む精神 <風>




◆『ペンタクル(金貨)』金、現実的な価値<地>

それぞれのスートは14枚のカードで成立していて、1~10までの数字のカードと、4枚のコートカード(人物カード)に分かれています。

コートカードは、コート(宮廷)にいるキング・クイーン・ナイト・ペイジ(従者)の階級を表していて、リーディングをしてゆく中で自分の人生に関わってくる人物を象徴することが多く、時には自分自身を表すこともあります。
また、同じキングやクイーン同士でも、スートによって性格や伝えているメッセージも違ってきます(これが読んでいておもしろいです)

◆キング40代くらいの、おっさん・・・じゃなかった!オジサマ♡
◆クイーン
 20代以上の女性。女性は20代からクイーン・・・(なんだかね・・・)
◆ナイト20~30代の男性(未婚)未婚ってあたりがミソ(笑)
◆ペイジ ~10代の男女もしくは、子供の心を持つ人 

(・・・余談ですが、このコートカードの読みは正直なところ、結構苦戦しますface08
私のタロットの先生だった方も『いまだに、コートカードはかなり慎重に読んでいる』と話していました。この話は、また追々してゆきます・・・)

実際にリーディングするときは、ワンドのカードが多く出ているときは引っ越しや、(会社で)人事異動・転勤の可能性、ペンタクルのカードが多く出ているときはお金や不動産に関する動きがあるETCというように読んでゆきます♪


・・・おおっと、けっこう長くなってしまいましたね・・・icon10
この辺で区切って、また次回に続き?ます

次回は、スートのことを詳しく書いてゆこうと思っております・・・が、
『もっと他の話をせんかいっ!!』なんてものがありましたら、お気軽にメッセージいただけたらと思いますfeel17 (そしてまた書き逃げっ)





  


Posted by 不肖Como at 15:29Comments(2)カードの知識

2015年07月22日

タロットカードのこと。

こんにちは♪

週の真ん中水曜日!皆さまいかがお過ごしでしょうか?


今日から、タロットカードの意味などについて書いてゆこうと思います。

とはいっても、タロットカード自体は世界的にもとってもメジャーな占いカードなので、
『お前が説明せんでも知っとるわいっっ!!ボケェ!!』とおっしゃる方もいるかとは思いますがicon10

私の独断と偏見も含めて、ちょっとフランクな感じでご紹介できたらなと、思っておりますicon12


では、(前置きがグダグダになったので)さっそくいってみます♪



◆カードの起源・デッキ◆

タロットカードの起源は、古代エジプト、ユダヤ教、中国など色々な説がありますが・・・結局のところ発祥は不明というicon11
なんともいいかげ・・・・(ゲフンゲフン!)いや、なんとも神秘的なカードですicon12
タロットカードは22枚の(大アルカナ)と呼ばれるカードと、56枚の(小アルカナ)と呼ばれるカードの合計78枚のカードから構成されています。 そして、この78枚の束をデッキと呼びます。このデッキの形が構成されたのは14世紀頃ではないかと言われています。
最近では色々な種類のデッキをみかけますが、メジャーなものとしては、
『ウェイト版(ライダー版とも呼ばれます)』 『マルセイユ版』などがあります。 
ちなみに私のブログでは、絵柄がわかり易いウェイト版を使用しておりますfeel11


◆大アルカナと小アルカナ◆
先ほども書きましたが、タロットカードは大アルカナと小アルカナの2種類に分かれていてます。

大アルカナは魔術師や恋人、皇帝、星などなど・・・皆さまもも耳にしたことがあるメジャーなカードで、
人生における大きい出来事や、重要なメッセージを伝えています。
(日本ではこの大アルカナのみ使う占い師さんが多いと聞きます。)
小アルカナは、人生における(下手したら見逃してしまうぐらい)小さな出来事を表しています。
とは言っても、小アルカナは4つのスート(属性)に分かれていて、コートカードという人物(自我)を表すカードも含まれているので、
リーディングをしてゆく中での、心の変化や周囲の状況などを細かくみてゆくことができますface16icon12





・・なんだか、かなりおおざっぱな説明になってしまいましたがicon10タロットカードのつかみはこんな感じです♪

明日は、小アルカナのスートのことを書いてゆこうと思いますfeel17ではではっ(書き逃げ!)icon16





  


Posted by 不肖Como at 12:18Comments(0)カードの知識