2017年06月22日

西の魔女が死んだ。

どうもお久しぶりです、不肖Comoですpeople16



12星座の鑑定は毎週アップさせていただいておりましたが、しばらく独り言は沈黙しておりましてん・・・






なぜかって?



それはもう、占いということをさせて頂いてる身として、
価値観や意識をすごく揺さぶられる出来事が立て続けにあったから face30なのですが・・・



その1つが、この本






西の魔女が死んだ



映画にもなっている作品なのでご存知の方も多いかと思います。


主人公のまいが、”魔女”と呼ばれるおばあちゃんと過ごしていた頃を回想する形で物語は始まります。

まいは中学校に入学したばかりの頃に、不登校になってします。そしてしばらくの間、魔女・おばあちゃんの元で暮らしていました。
そこでまいは、おばあちゃんから”魔女”になるための修行をすることになります。

魔女の修行は、箒でそらを飛ぶ!ことや呪文を唱える~などのファンタジーなことではくて、
「なんでも自分で決めること」そして 「自分は何が幸せなのかを知ること」  


ネタバレになってしまうので、詳しいストーリー内容は書きませんがicon10

作中の魔女(おばあちゃん)の言葉がまいに悟した言葉がとても印象的・・・いや、真髄をついてると感じたのでいくつかシェアさせてください。

icon12item16item16item16icon12



「いちばん大切なのは、意志の力。自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力です。」


「変化を前もって知ることは、私から(人生の)Surpriseの楽しみを奪います。」


「魂は身体をもつことによってしか物事を体験できないし、体験によってしか、魂は成長できないんですよ。
この世に生を受けるっていうのは魂にとっては願ってもないビッグチャンスというわけです。」


「何が幸せかは、その人によってちがうのだから、何が自分をを幸せにするのか、探していかなければなりませんね。」

icon12icon12icon12

とてもシンプルですが、今この瞬間を生きるために大切なことばかりだなと感じました。


正直なところ、これを心に置いて生きていれば、人に占いは必要なくなるのかも。



静かな・・・優しい言葉に満ち溢れた物語ですが、私にとっては狂気の物語でした。(良い意味で)


そして今後、自分がどう(いう占い師で)ありたいか?を決意させてくれた物語でもありました。


  


Posted by 不肖Como at 22:22Comments(0)独り言。

2016年07月07日

父との会話。

="http://img01.go-jin.com/usr/t/a/r/tarot10kaph/001.jpg" alt="" title="" >

こんにちは、不肖COMOですicon01








先週から急きょ日本の実家へ来ております。










実家に帰ってくるやいなや、私用や父の仕事の手伝いなどで毎日バタバタと過ごしてますがicon10
久しぶりの実家の空気と、母のCAREしている植物たちのおかげで忙しい中でもリラックスして過ごしてます





実家の影の主(笑)










昨日の昼下がりに父と2人きりで会話する機会があり、







いつものようにお茶をしながら母や弟のこと、仕事のことなどを話していたのですが







突然真面目な顔をして







『自分のことを安売りするな。

 

謙虚でいることと、安売りすることは全然違うぞ。



父さんは、自分を安く売るような娘に育てた覚えはないぞ』













私『・・・は?』







・・・なんだか、あまりにも唐突に言われたので 一瞬頭が混乱しましたがicon11







最近まさに私が悩んでいたことそのものだったので、わりとすぐに腑に落ちました







でも私、誰にもこの悩みを一切話していないのですよね・・・・icon10










いつもは関根勤さん(笑)のようにふざけた明るい父なのですが、 

彼は 数秘 でみると、マスターナンバーの11を持つので、
時折(インスピレーションに基づいた)こういった、その人の確信に迫るような一言を言ってきます。 










父の言うところの自分を安売りしないとは、







自分の可能性を自分で潰すな、ということ



 いつも自分の人生に真剣に向き合い、取り組んできた父らしいアドバイスだなと感じました。













は~い、娘はちゃんと肝に銘じますだ~~icon10icon10



  


Posted by 不肖Como at 19:31Comments(2)独り言。